2016.08.10

「カナダポークランチセミナー」を開催しました。

カナダポーク・インターナショナル (CPI) は7月25日、大阪の中之島プラザ内のレストラン「アゴラシオン」にて、一般消費者約60名を対象にランチセミナーを開催しました。まずCPI日本マーケティング・ディレクター、野村昇司が、「カナダポーク・エクセレンスプログラム」 (ピッグケア・ピッグセイフ・ピッグトレース) にて豚肉生産が行われていることや、「カナダポーク品質保証」 (VCP: Verified Canadian PorkTM) プログラムによってその安全性や高い品質を保証していることを説明しました。次にCPIバイスプレジデント・テクニカルサービスのマイケル・ヤングが、カナダポークの骨付きチョップにプロシュートやチーズを使って作るイタリア料理、「カナダポークチョップのサルティンボッカ」の調理実演を披露しました。さらに参加者たちは、中之島プラザの総括料理長、馬殿ばどのシェフによる「柔らかに仕上げたカナダポーク」のランチコースにて、カナダポークの美味しさを堪能しました。

TOP